Question&Answer

英語ができなくても留学できますか?

初めて留学をする人は、英語ができなくても留学はできますかという質問をする人がよくいます。
語学学校では、最初の登校日に面接とクラス分けの英語のテストが行われます。
英語ができない人は、ビギナーズコース(初級コース)に入ることになります。講師の先生が、丁寧に指導してくれますので、心配はありません。
とはいっても、留学をすると決めたら、日本にいる間にある程度の英語の勉強をしていくことをお勧めします。
また、英語力に自信が無いと感じている方は、留学前にフィリッピン留学をしてはいかがでしょうか。
フィリッピンでは、講師と1対1でレッスンするマンツーマンレッスンが主流です。短期間でもよいので2ヶ国留学をすることで、オーストラリアやニュージランドなど英語圏での留学がより充実したものとなります。
短期間での留学を経験した後、長期間(1年以上)留学して英語をじっくり学ぶとさらに英語の力がつきます。
ワーキングホリデーでの留学を考えている人は、英語学校で最大4ヶ月勉強できますので、しっかり勉強してから仕事を探すことができます。

申し込みから渡航までの流れと期間はどうなりますか?

留学の流れをチェックしましょう。


留学したいのはなぜか。留学の目的は何か。留学後、どのような職業に就くのか。
自分の将来の目標を決めた上で留学しましょう。


留学先の国や、学校がたくさんありますので、まず情報収集をしましょう。
資格を持った留学アドバイザーに相談してください。


集めた情報から自分の目的・興味にあった学校を選んでください。
留学アドバイザーに学校選択のアドバイスを受けることが大切です、留学費用の見積もりや、カウンセリングをしてもらい、さらに細かい相談をして下さい。


留学先が決まったら、学校への入学手続きをします。
留学アドバイザーに面倒な手続きを代行してもらいましょう。
申し込みが終了すると、学校から入学許可証が送られてくるので、請求書に基づいて学校に学費・ホームステイ等の費用の支払いを完了します。


短期留学(3か月以内)の場合は観光ビザが必要です。
長期留学(3か月以上)の場合は学生ビザが必要です。
ワーキングホリデー(18歳~30歳まで)を利用して留学する場合は、ワーキングホリデービザが必要です。
希望すれば、留学アドバイザーがビザの申請の代行してくれます。


航空券の予約をしましょう。海外旅行保険は必ずかけておいて下さい。
持ち物等の準備をしましょう。


留学先の国に着いたら、出迎えサービスを頼んだ場合は学校が手配したドライバー・ホストファミリー等が出迎えてくれます。
(頼んでない場合は、バス・電車・タクシー等を利用して学校またはホストファミリー宅に行くことが必要です。)
留学中は、留学先の担当スタッフが親身になって相談に乗ってくれます。
また、留学アドバイザーが日本からサポートします。

語学学校の期間は自由に決められますか?

留学が初めての人は、ホームステイすることをお勧めします。
ホームステイ家族と触れ合うことにより、その国の言葉や文化、習慣などを体験することができ、英語の上達には大変役立ちます。
ホームステイ先は、留学する学校が決めてくれます。
ホームステイ家庭では、留学生を多く受け入れている家庭が多いので、とても親切に対応してくれます。

ホームスティ先はどのように決めるのですか?

語学学校は最短2週間から自由に決められます。
また、大学・大学院・専門学校への進学を考えている人は、3年~4年間の留学期間が必要です。
国により、学校の種類により留学期間が異なりますので、留学アドバイザーに相談して下さい。