留学体験談


オーストラリア留学研究所にお世話になり、オーストラリアで1年間留学しました。
私が留学しようと思ったきっかけは、自分がしたいことがまだ決まっていなかったからです。
ただ、ずっと英語に興味があったので留学を決めました。エージェントをオーストラリア留学研究所に決めたのは、私の卒業した学校のもと担任の先生でした。とても信頼のおける方なので、安心してまかせることができました。
私は、現在もオーストラリアに留学しており、ホテル関係の勉強をしております。
今やりたいことを見つけられたのは留学のおかげだと思ってます。そして留学を通して新しい出会いや思い出をたくさん作ることができました。そして、留学は自分を変えるきっかけになったと思います。日本にいるだけでは気づけないこともたくさんありました。皆さんにもぜひ留学を経験して欲しです。皆さん留学を前向きに考えてください!

私はTECSOL(児童英語指導者)とJ-SHINE(小学校英語指導者)の資格を取るコースに留学しました。
大学の長期休暇中に資格を取れるコースがあるというので興味を持ちました。
実際、コースが始まってみると、毎日の授業はもちろん土・日も課題が出るなど大変でした。コースをやりきれるのか最初自信がなく悩みましたが、アドバイザーの田中さんに相談したところ、親身になって相談して下さったおかげで無事コースを修了することができました。
留学を通して得たものは、同じコースの皆さんと友達になれたことです。放課後や休日に公園にみんなで集まり、目標に向かって過ごした日々は私にとってかけがえのない時間となりました。
また、ホストファミリーにも恵まれ、本当の家族のように接してくれたのも大きな力となりました。
留学中は、時にはさみしくなることもありましたが、家族が応援してくれているのを感じて心強く思いました。
当初思い描いていた留学とは違いましたが、それ以上に貴重な体験と思い出ができました。
そして、何よりよき人に恵まれたことが、私にとってかけがえのないものとなった留学でした。

私は、オーストラリア留学研究所を通じて中学3年生の夏にオーストラリアのシドニーで2週間という短い時間ですが、初めて語学留学を経験しました。
ホームステイ先では、その日に起こったことや日本のことなどできるだけ英語で話しかけるよう努力しました。私の拙い英語を熱心に聞いて理解していただきとても嬉しく思いました。
シドニーで楽しい思い出作りができたので、高校1年生の夏に今度はニュージランドのオークランドへ3週間の短期留学をしました。そこでも、ホストファミリーやそこにステイしていた留学生が
優しく接してくれました。
午前中は学校で勉強し、午後はアクティビティーに参加して他国の留学生と仲良くなりました。
時には、彼らと一緒にランチを食べたり放課後出かけたりもしました。この体験は、英語でのコミニュケーションを図るだけでなく、異文化理解や自分の視野を広げることにもつながりました。日本に帰ってきた現在でも彼らと連絡を取り合っています。 
私は2度の留学で英語はもちろんのこと、他にも貴重な経験をすることができたと思っています。
これからの学生生活でもこの経験を生かしていければと思っています。


私の娘は、長期休暇中にJ-SHINE(小学校英語指導者)の資格を取ることを考えていたのですが、日本でも高額なことがわかり、それならあまり変わらない費用でTECSOL(児童英語教育指導者)の資格も取れるコースをオーストラリア研究所で紹介していただきました。
娘は留学を楽しみに胸を膨らませていたのですが、現実とは違い、厳しいレッスン内容に心が折れそうになりましたが、アドバイザーの田中さんが現地のスタッフと連絡を取ってもらたり、励ましていただいたり、親切なホームステイファミリーに恵まれたこともあって、本人の「やるしかない」という覚悟のおかげで、コースを無事終了することができました。また、同じコースを共にした仲間たちは、厳しい授業内容を、助け合い励まし合ながらくぐり抜けた同士のようで、帰国した後も連絡を取り合うほど仲良くなったようです。
資格の取得だけではなく、かけがえのない経験と仲間を得て帰国した娘は、本当にたくましく、輝いて見えました。親としてこれほど嬉しいことはなく、オーストラリア留学研究所に留学をお願いして
本当によかったと喜んでいます。

オーストラリア留学研究所を利用したきっかけは、アドバイザーの田中さんの心使いでした。
出発前から英語の指導もしていただきましたし、心配事や相談にも親身になってもらえたことがとても心強いかったです。自分にあったコースを紹介していただき、事前の手続きや渡航してからのサポートもしっかりとしていただいて安心して勉強に取り組むことができました。
慣れない環境で生活することは不安の多いものですが、アドバイザーのおかげで不安もなくフィリピンの生活が充実したものとなりました。
フィリピンの学校は、マンツーマンレッスンが多いので発言できるチャンスが多くあり、スピーキングの能力をしっかり養うことができました。先生方もフレンドリーで毎日楽しく授業を受けることができました。少しずつ上達していくのを感じることができ、とても良かったです。
もうひとつ、他国の友達と出会えたことは自分にとってとてもいい経験となりました。時には休日を利用してリフレッシュするためセブ島の周りの島に遊びに行ったり、モールに買い物に行ったりと、楽しい時間を過ごしました。留学を通じて知り合った友達や先生方は、私にとってはかけがえのない宝ものとなりました。帰国後も連絡を取り合い、近況報告をしています。短い間の留学ではありましたが、心の通じ合える友達を作ることができました。
留学をしたことにより、私の人生においてかけがいのない素晴らしい経験をすることができました。

私は高校1年の夏ニュージランドへ3週間留学に行きました。中学3年生の時にオーストラリアへの短期留学の経験があったので、そんなに緊張しないだろうと思っていたのですが、結局一緒に行った友人2人とともに不安と緊張で押しつぶされそうになったのを今でも覚えています。
以前オーストラリアでホームステイを経験しましたが、まったくしゃべれず、悔しい思いをしたことを思い出しました。それで、今回は自分から積極的に話そうと心に決めました。その甲斐あってかホストファミリーと毎日話すことができ、いろんな国の人とも仲良くなることができました。私にとって充実した毎日を過ごすことができました。英語が相手に通じなくて悔しかったり辛かったり、時には泣いたりしたこともありました。でも、ホストファミリーは大変親切に接していただき、私のつたない英語を一生懸命聞いて下さったり、アドバイスをしていただきました。
学校では、同年代の日本人の仲間と切磋琢磨して英語を学ぶことができました。
異国の地では、不安なことが多いのですが、現地の人が親切に手を差し伸べてくれました。これらはすべて大切な思い出となりました。一生の宝ものです。帰国したのちも、日本人の友人はもちろん、ホストファミリーや学校で出会った外国の友人たちとも連絡を取り合っています。 本当にニュージランドへ短期留学して良かったと心から思っています。
言葉では言い表せないほどニュージランドが大好きになりました。普通なら経験できないことを経験させてもらって私は本当に幸せ者です。そんな素敵な機会を与えて下さったオーストラリア留学研究所の田中さん、そして何よりも留学させてくれた両親に心からありがとうと言いたいです。